アフリカ最大級のスラム“キベラ”の不都合な現実

アフリカ最大級のスラム“キベラ”の不都合な現実

jambo!

今年の日本の冬は大寒波で大変らしいですね…
こちらは乾季で、一番暑い時期です。
お肌の乾燥が気になる時期です。もうね、カラッカラですよ。

もうそろそろ雨季が始まるかな~

 

今日は途上国の抱える闇「スラム街」について。

ケニアの首都ナイロビにはアフリカ最大級のスラムがあります。
その名も「キベラスラム」。

キベラスラム一望風景
キベラスラム

私は二十歳の時キベラスラムで学校を運営する早川千晶さんのスタディツアーに参加し、初めてケニアを訪れた際に、キベラスラムを訪問しました。

トタン屋根の小さなプレハブのような家が密集し、
赤土の道はごみや汚水が溜まり独特の異臭を放っています。

スラムのゴミ山
スラムのゴミ山

多くの家族がそこで暮らし、とりわけ子供たちは大きなクリクリの目を輝かせながら、少しズレたイントネーションで”How are you?”と笑顔で駆け寄ってくるのが印象的でした。

当時から約10年経ち、現在は2.5km四方に約100万人が暮らすと言われています。

狭い路地裏
狭い路地裏

私がケニアに戻って来たのは、間違いなくこのスタディツアーがきっかけでした。
人間味に溢れ、歌うように話す姿と、様々な苦難を乗り越えてきたにも関わらずとっても明るく元気な早川さんに魅せられたのも理由の一つかもしれません。

早川さんが運営する「マゴソスクール」に関してはこちら
スタディツアーに興味のある方はこちらをぜひ

このマゴソスクールのあるキベラスラムが今、危機に瀕しているようです。


政府による「強制撤去」

もともとスラムは田舎から出稼ぎに来た貧困層が暮らす、いわゆる不法滞在地区です。
そのため、数年も前から政府は撤去命令を出しているそうです。

現在ケニアでは、鉄道の開発などインフラの整備が急速に進められています。

そういった観点から見ると、不法に占拠されているスラムは邪魔なようです。

それはケニア国民みんなが承知している事実。

「今回のように撤去に際して暴動も起きず、誰も騒がずに黙々と平静であるのは、それはやはり、当たり前のことが起きたから」と早川さんはブログでおっしゃっています。

政府は正しいことをやっているようにも思えます。

しかし、この強制撤去で住む家や家財道具を失った人がたくさんいるのも事実です。

撤去後のスラム
撤去後のスラム(早川さんのブログより)

ここでは、「可哀想」とか「酷い」ってことは書かないことにします。

何が正しいのか押し付けたくはないので。

政府は不法占拠している場所を公共事業のために開放した。それが彼らにとっての正義。

住民たちがここで暮らす理由は様々。でも、スラムが一つの街となりスラムの中で商売をし、家族を作って助け合って生きている。これも、彼らには必然であり正義なのでしょう。

スラムを撤去して開発を進めたい政府と、取り残される住民。

完全なる置いてきぼり。

まるでコインの表と裏のように、相容れることはないのでしょうか…

 


報道されない真実

今回の強制撤去は、ケニア国内のメディアでは一切報道されなかったようです。

ケニア人の友人やタクシードライバーに話しても皆知らず、びっくりしていました。

報道されなかったことについて早川さんはブログで「それだけこれはケニアでは普通のこと、当たり前のことだったのではないか」とおっしゃっていました。

私はこれに加え、なんだかんだ言っても政府側は後ろめたいから報道規制しているのではないかな、と思いました。

結局、不都合なことは隠すし、隠せちゃう世界なのです。
(汚職や賄賂なんて日常茶飯事ですしね…)

 

この真実を知り、何かすぐに行動!!
とはできない今の私の状況がとてももどかしいですが…

しっかり地道に根気よくやっていき、
ちゃんと自分自身の力も付けていかないとなぁと改めて思いました。

 

この強制撤去に関して、早川さんのブログがとても興味深く納得する内容だったので、ぜひ読んでみてください。色々考えることができました。

【キベラスラム強制撤去に際して思うこと・2月6日】
http://magoso.jp/demolish/2455


今回もなんともまとまりのない文章ですみません(^^;

ここだけでは伝えきれないことがたくさんありすぎて…

チャンスがあったら、ぜひケニアに訪れてみてください。

2017年 Hop, Step, Jump!!

2017年 Hop, Step, Jump!!

Jambo!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

なんだかんだで、今年初投稿がこんなに遅くなってしまいました。
2017年、始まって間もないですが、余りにも良くないことが続いたのでなかなか気分が乗らず…(^^;

そこで!今年に限り、自分に取っての新年は旧暦で(笑)
年明けは1/28!

改めまして、皆様、明けましておめでとうございます!!(笑)

今年も、面白いことがたくさん待っているはず!!

 


Neyri農場 経過報告

良くないことの一つに、12月末にNeyriの農場に植えたChiaがほぼ全滅していた…
ってのがあります。

100株ほどの苗を試験的に植えてみたのですが、3週間ぶりに行くとほぼほぼ跡形もなくなっていました(苦笑)

12月末の植え付け作業の風景はこちら↓

作付け風景

そんな状況にも負けず、先週もういちどChiaの苗を持って行ってきました。

日中は気温が高いため、夕方以降に移植してもらうために現地のケアワーカーに託してきました。

週末、状況を確認するために電話をしたら…

「途中まではやったんだけど…」

「うん?どうしたの??」

「ゾウが来て、フェンスを壊していっちゃって…
まずはフェンスを直さなきゃなんだ。」

 

……ゾウ?!?!

ゾウ イラスト
*画像は可愛らしく脚色してあります。

 

大自然の驚異を感じざるを得ません(^^;

私たちはあくまでも、アフリカにお邪魔させてもらって事業をしているのだという教訓を得たような気がします。

 


Chia販売に向けて

 

現在、販売に向けてのロゴやパッケージを製作中です。
とっても良い感じのができてきました♪
(販売できるようになるまで、詳細はまだ内緒^^)

自社農園でのChia栽培は継続しながら、ケニア国内でのスーパーフードの買い付けも進めていく予定です。

こんなスーパーフードが今後流行るんじゃない??
って情報あったら、ぜひ教えてください(^^)

 

ゾウにも負けず、これからも頑張るぞ~!!
(*ゾウを見かけたらまずは逃げましょう。)

 

haruka

チア第3弾とケニアのライブハウス

jambo!

日本では雪が降ったそうですね!
ケニア人に雪の話をすると、最初は羨ましそうなのですが、気温を聞いた途端、無理!!って(笑)
ほとんどのケニア人が「雪」なんて見たことないですからね~

 

今日は久々にチアちゃんの進捗報告…といきたいとこですが、
その前に先週行ったケニアのローカルライブハウスをご紹介♪


Thursday Nite Live at Choices

毎週違うバンドが演奏するライブハウス“Choices”

インダストリーエリアにあるため、一瞬躊躇する外観…
店の前の道はガタガタだし、街灯も少なく暗い…
無事に出られるかなぁ…
(写真撮るの忘れたので、ご想像にお任せします)

チキンとフライドポテトを注文し、お酒を飲みながらライブが始まるのを待つ…

4人組のケニア人が登場し、演奏が始まりました。

ケニアライブ

うおぉぉぉぉ!!!!!
カッコイイ!!!!!

真ん中の2人がジャンベ(アフリカの太鼓)をたたきながら、なんとヒューマンビートボックスを始めました!
10数年前に日本でも流行った「ボイスパーカッション」ですね。(略してボイパ)

ケニアライブ ボイパ

 

そして、ボイパと歌のセッション

やはりアフリカ人の歌や楽器のセンスはもの凄い!
観客も大盛り上がり!

雰囲気も良く、とても素敵なナイロビの夜でした。


さて、チアシード、第三弾が始まりました。

先日少し触れた40エーカーの土地、ナイロビからは少し遠いですが
ようやく大々的に栽培を始められそうです。

チア第三弾

↑順調に芽を出したチア150株

そちらの方も順次ご報告していきます。

それではまた。

 

haruka

ブログ 移行しました。

ブログ 移行しました。

jambo!

日本は寒さが増しているそうですね。体調管理にはくれぐれもお気を付けください!
 

さて、タイトルにも表記した通り、ブログを移行しました。
今までの「アントレAFRICA」のサイトから独立し、個人ブログにしました!

今回のアントレAFRICAでは最終選考まで残ったものの、残念ながらご支援を受けるまでには至りませんでした。
応援くださっている方々には深い感謝と同時に、自分の未熟さを申し訳なく思います。
また、最優秀賞・優秀賞を獲得された方々は、普段から仲良くさせてもらってる友人も多く心から応援させてもらいます。
 

しかし!
ここはアフリカ!
ちょっとやそっとじゃ、くよくよしない!へこたれない!!

と言うことで、さらにスピードアップして事業化を進めていきたいと思います。
 

先日は40エーカー程の広大な土地を見てきました。
ラッキーなことに、知り合いのケニア人が所有し、使い道に困っている言わば休耕地。
これからもっと面白いことができそうです!

また、これからは個人ブログなので日々のちょっとしたことなんかも綴っていこうかと思っています。

ケニアに住んでいると当たり前に感じることでも、日本では驚くようなことがたくさん。
仕事の話だけでなく、色んな角度からのアフリカを発信していきます。

これからも、どうぞ温かく見守っていただければ幸いです。
 

 

「信用」と「信頼」 ケニア人を信じる、ということ

jambo!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
こちらはそろそろ小雨季に突入するころで、雨が多くなってきました。

Facebookでもお知らせしましたが、先日スマホをなくし、ブログの更新が滞ってしまいました。

スマホは後日ちゃんと私の元に戻ってきました。

落し物が戻ってくることが皆無なアフリカでは、奇跡を体験したような気分でした。
親切な人はここにもいるんだと思うと、とても嬉しくなりました。

次のブログは事業(農作業)の進捗を…と思っていましたが、
今回の件で「ケニア人を信じる」ことについて考えました。

 

ケニアでの当たり前

 

ケニアで聞いた好きな言葉に

「言葉は風」

というのがあります。

言葉に縛られず、のびのびと自由なケニア人。正にサバンナに吹く風の様。

サバンナ

 

ただ、裏を返すと

「約束?そんなこと言ったっけ?」

という、良くも悪くも(とっても)いい加減なケニア人の性格を表しています。
よって、下記のようなことは日常茶飯事。


・約束は守らない

・時間通りには来ない

 

さらに、この国には汚職・不正がはびこっています。

例えば、あちらこちらで検問をしている警察官。
市民の安全を守るためではなく、いちゃもん付けて賄賂を取るためです。

ケニア人の友人は、警察の汚職率は100%だと言ってました…。

ハウスキーパーや門番、一般の会社員に至るまで、
彼らが他人(特に外国人)のお金や物を取ることはよく起きることです。

ただ、その背景には不十分な給料や貧しさが見え隠れしています。

その為、お金や物を盗むことに罪悪感は余り感じていないようです。

彼らなりの利益の再分配という正義がそこにはあるような気がします。


・お金や物は盗られるもの
(拾ったものは神様からの贈り物)

 

ここら辺のことに関して、他のチャレンジャーである唐渡さんのブログにとても共感しました。↓
http://entre-africa.jp/chisa_karato/2450.html

 

「信用」か「信頼」か

 

これらの前提があるため、もう一度言いますが、今回スマホが戻ってきたことは本当に奇跡に感じました。

 

ビジネスをしていく上で、スタッフや取引先を信じることは大切なことだと思います。

しかし、この前提条件を理解しているからこそ安易に「信用」はできません。

「信用」とは、信じて任せること、過去の実績や成績を見て「この人なら大丈夫そう」と判断すること。

上記の前提を理解していると、長い付き合いではない限り信用することはないでしょう。
(ケニア人同士でさえ、初対面はとても警戒しているように思います。)

 

ただ、私にはとても「信頼」しているケニア人がいます。
彼女の名前はLilian。

彼女は困りごとがあるといつも助けてくれ、親身になって聞いてくれます。
いつも娘のように気にかけてくれる、とても頼れる存在です。

Lilian

「信頼」とは、信じて頼ること、「この人に任せておけば大丈夫だろう」「この人なら秘密を守ってくれるだろう」といったように精神的な安心を伴うこと。

 

同じ「信じる」という行為でも、

恐らくこの国だからこそより浮き彫りになる「信用」と「信頼」の違いを、改めて考える機会になりました。
もちろん、今回のように親切なケニア人がいたのも事実ですし、一括りにすることはできません。

あらゆる落し物が戻ってくると言われる日本だって、持ってっちゃう人もいれば盗人もいますからね…
この国で仕事して、サバイブしていくには、

・ケニアという国の性質と文化を理解して寛容に受け入れていくこと
・「信用」「信頼」のバランス

が、大事なんだと思います。

 

なんともまとまりのない文章でごめんなさい。

これからの人生、信用するに足り、心から信頼できる人間にどれ程出会えるかはわかりませんが、
まずは自分がそんな人間になれるよう、努力していこうと思います。

 

山口遥

チアシード そして収穫

jambo!

日本では秋も深まってきたようで、皆様体調管理にはお気を付けください。
秋の味覚…恋しいです…(笑)

 

さて、まだまだ青く茂っているチア達ですが、数本立ち枯れてきました。
これは、ヤバい?!
と思い、花が落ちて枯れた花穂(かすい)部分を採ってみると、そこには…

 

立ち枯れは、収穫の合図??

 

チアの花穂
チアの花穂

花が落ちたということは、中で種が育っているのでは…??

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ドーン!チア収穫!!
ドーン!チア収穫!!

しっかり育ってくれていました!

まだまだ数量は少ないですが、小さな小さな一粒からたくさんの種が採れるのです。
こ、これは…コスパがいい!!

ちなみに、ブラックチアより栄養価が高いと言われているのが「ホワイトチア」

これは、普通のチアの中にも少し混ざっているのですが、最近はホワイトだけの商品も多いですね。

今回収穫の中にも、しっかり潜んでくれていました。

ブラックチア(左)とホワイトチア(右)
ブラックチア(左)とホワイトチア(右)

 

今はまだ試験栽培。

今後は、もっと広い圃場へフィールドを移し、製品化に向けての生産体制を整えて行こうと思います。

まだまだチアの様に小さな一歩。

その一歩を踏みしめて、進んでいきます。

 

山口遥

マルーラオイルができるまで 搾油編

jambo!

ナイロビでは晴れが続き、日中は汗ばむ陽気です。
衣替えシーズン到来‼

さて、アルガンオイルを超える奇跡の美肌効果で次世代の美容オイルの呼び声高い「マルーラオイル」

ようやく!

絞ってみました!

あの種から本当にオイルが採れたのでしょうか?

まずはオイルプレスマシンをセッティング、からの…

マシンと呼んでよいのかと考えてしまう、とっても小さなこちら

オイルプレスマシン
オイルプレスマシン

ちなみに、日本のAmazonさんで購入しました。モノはオランダ製だそうです。

これに、一生懸命ほじほじしてもらったマルーラのカーネルを入れていきます。

カーネルをセッティング
カーネルをセッティング

後ろが散らかってるのはご愛嬌…(^^;
私との対比で、この機械どれだけ小さいかお分かりいただけると思います。

そして、ハンドルを回す!
ひたすらに回す!!

なぜ写真がないのかと言いますと、中盤以降は机が浮くほど全身の力を込めて回していたからです…
搾りかすが排出口に詰まり、終盤は2人がかりでもびくともしなくなりました…

あぁ!ちゃんとした機械が欲しい!!

これがマルーラオイルだ!

絞った直後 マルーラオイル
絞った直後

必死に汗かいて絞ったオイルがこちら。

直後は白濁色です。

あの黄色いフルーツが、ようやくオイルになったかぁ…と感慨深く思います。

1週間ほど経てば不純物が沈殿し、透明な色になってきます。

実は少し前にも一度絞ってみたのですが、その時のオイルと比較すると…

マルーラオイル 比較
マルーラオイル 比較

濁り具合が全然違います。

あの小さなへっぽこ卓上マシン(手動)では、一度の搾油はこの量が限界のようです(泣)
次回はもう少し工夫してやってみます。

これを売り物にするには、精製したり成分分析したり認証取ったり容器を…
目が回りそうです(汗)

 

今はスーパーフードも含め、まだまだホームメイドの域を超えていません。
しかし、日本・ケニアでのマーケット調査を行いながら、しっかり製品化に向けた計画を練り、
事業を確立させていく所存です。
まずは生産ライン整えたいな~(もちろん他にもやることは満載ですが…)

私の目標である「より多くの雇用を生む事業」に成長するには、もう少し時間はかかりそうですが、
暖かい目で見守っていただけたら恐縮です。

 

山口遥